おまとめ/借り換えローンの比較・一覧 | 【カードローン比較】私のカードローン

おまとめ/借り換えローンの比較・一覧


おまとめローンとは今まで複数の会社から借りてきたお金を一つの消費者金融または銀行にまとめるローンの事を言います。おまとめローンは通常のカードローンに比べて審査が厳しく、場合によっては保証人が必要になってくるケースがあります。

おまとめローンを比較する際の重要なポイントは?

多重債務状態になると、おまとめローンを検討することになりますが、各金融機関より非常に多くのおまとめローンが提供されています。

どのようなポイントを比較して商品を選択する必要があるのでしょうか。

どちらのローンタイプなのかを把握しよう

まず、おまとめローンには2つのタイプがあります。一つは、これが本来のおまとめローンなのですが、借り換えを目的とした目的別ローンです。

返済専用であり、自動車ローンなどと同様にひたすら返済を続けていきます。

まとめるならとにかく低金利

もう一つのタイプは、いわゆる、おまとめローンにむいている商品のことで、銀行カードローンのように低金利で利用限度額の大きな商品のことです。

目的別ローンとは異なり出し入れ自由のカードローンですが、資金使途フリーなので借り換えとしても利用できます。

次に、何といっても重要なのが金利です。

適用金利が低くなれば、それだけ利息負担が小さくなりますので、なるべく低金利の商品を利用しなければななりません。

また、この場合には、毎月の返済額も減少しますので、余資金が出れば、繰り上げ返済に回すこともできますので、さらに利息負担を減少させることができます。

おまとめローンって総量規制の対象になる?

総量規制の対象となるのは、貸金業者である消費者金融業者や信販会社となります。

従って、通常の消費者金融などのカードローンは、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上の融資を行うことができません。

つまり、利用限度額が少額となるケースが多く、また金利が高いことからも、おまとめローンには適していません。

消費者金融や信販系でも総量規制対象外のローンはある

しかしながら、貸金業者には、総量規制対象外の目的別ローンという商品があります。
これは、資金使途フリーではなく、資金使途が決まっているローンとなり、実は、借り換えローンはこの目的別商品ですので、これをおまとめローンとして利用することができます。

もちろん、銀行は貸金業者ではありませんので総量規制の対象外であり、銀行カードローンも総量規制の体操ではありません。従って、年収制限などを受けることもありません。

おまとめローンで保証人は必要?

銀行や消費者金融などでおまとめローンを利用する場合には、原則として、保証人は必要ありません。

申込み条件としては、保証会社の保証を受けられる人となっているケースがほとんどですので、保証人は必要なく何か問題があった場合には、保証会社が債務者に代わって弁済することになっています。
しかしながら、場合によっては、保証人を求められるケースもあります。

保証人が必要になるケース

どのようなケースかというと、ギリギリで審査に通らないというようなケースで、保証人をつけるという条件で融資が認められるというようなケースです。
最初から、保証人が必要とすると申込みも大きく減少するでしょうから、ほとんどのおまとめローンが原則として保証人は不要となっています。

また、保証人を依頼する場合には、十分な注意が必要です。
返済できなくなった場合には多大な迷惑をかけることになりますし、最終的に債務整理する際にも様々な影響が出てきます。

在籍確認なしのカードローンはあるの?

おまとめローンを申し込むと、原則として、審査時に在籍確認のための勤務先への電話連絡があります。

これに強い抵抗があり、カードローンなどを申し込まない人が多いのも事実です。
個人のプライベートな問題、しかも借金の件で勤務先に電話されるというのは、できることなら避けたいものです。

もちろん、金融機関のほうも十分承知していますので、ほとんどのところが企業名は名乗らずに個人名での電話連絡となります。

条件を満たせば電話確認なしで借りる事が可能

ただし、最近では、この在籍確認を無しにする業者も登場しています。

一定の条件を満たす必要がありますが、この在籍確認なしということが評判となり、新規の申込者を増加させています。

どのようにして、在籍確認を無しにしているのかといえば、かんたんに言うと、健康保険証の指定、直近数か月分の給与明細書の提出などの書類を提出してもらうことで、勤務先への電話連絡の代わりとしているのです。
つまり、電話連絡以外の方法で在籍確認をしているということになります。

何社からローンはまとめられる?

おまとめローンや借り換えローンを利用する場合には、通常は、何社からならまとめられるなどの制限はありません。

借り換えるだけなら、1社の場合でも金利の高いものから低金利の銀行カードローンなどに借り換えることもできます。

おまとめということでは、2社以上ということになりますが、おまとめローンや借り換えローンを契約している方のほとんどは、3~4社の借り入れを一本化しています。

理由は簡単で、それ以上の借り入れがある場合には、審査に通ることが非常に難しくなるからです。

4社以上の借り入れをまとめるのは厳しい

現実的には、多重債務者のほとんどは4社以上の借り入れをしていますので、審査に通るのが非常に厳しい状況であると言えます。

従って、おまとめローンや借り換えローンを検討する際には、傷の浅いうちに検討しないと審査に通りにくくなるということです。

何事も早めに行動することが重要であるということでしょう。

審査で通過率を上げる為のポイントは?

大手消費者金融会社が公表しているところでは、通常のキャッシングサービスの審査通過率は40%前後となっています。

ということは、多重債務状態の人が申し込む大型融資であるおまとめローンや借り換えローンの審査通過率は相当低いものであると考えられます。

しかし、実際に審査を通過している人も多いわけですから、審査通過率を上げるためにはどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

まず、前述のように借入件数は重要で、通常は4社以上になると審査通過が難しくなると言われていますので、多くても4社くらいにとどめておく必要があります。

また、言うまでもなく、著しい延滞などについては、個人信用情報に記録が残っているケースもありますので、しっかりと返済している必要があります。

審査の通らない人ってどんな人?

逆に言うと、4社以上の借り入れがある場合や個人信用情報に延滞記録が残っている場合には審査に通ることが難しくなります。

これ以外にも、返済と同時に借入をする人も多いのですが、これは多重債務者の特徴となりますので、返済と同時に借入をするケースでは生活が困窮していると判断され、審査通過が厳しいものとなります。

さらに、他社のおまとめローンを何度も申し込んで審査落ちしている場合にも、いわゆる、申し込みブラックと判断されてしまいますので、このケースでは審査通過はほぼ絶望的となります。

当然ですが、審査に通過できる人というのは、間違いなく完済できるであろうと判断される人ということになりますので、すでに返済能力以上の借り入れがあり、生活に支障をきたしていると思われるケースには審査が通過できることはほぼありません。

おまとめが出来ない場合はどうしたらいい?

このように、現実的には、おまとめローンを申し込む人というのは、すでに多重債務状態にあるわけですから、審査に通ることは非常に難しということです。

それでは、おまとめができない場合に残された問題解決方法には何があるのでしょうか。

残された選択肢は一つで債務整理を検討することになります。

おまとめが出来ない場合の対処法

実は、4~5社以上の借り入れをして生活に支障が出ている場合や、返済のために新たに借り入れをしているような状況というのは、おまとめローンを検討するのではなく、本来であれば、債務整理を検討しなければならない状況なのです。

ところが、残念なことに、自己破産や任意整理という言葉は知っていても内容は理解していない人がほとんどで、借金地獄から抜け出せずに苦労している人が多いというのが実情なのです。

まじめな方ほど、借りたものは必ず返さなければならないという思いで多重債務状態となるのですが、一旦人生をリセットして、やり直すことで世の中に貢献するという選択肢もあるのです。

多重債務で悩んでいる方の多くが誰にも相談できずに一人で問題を抱えています。
少しでも早く、弁護士などの専門家に相談することが重要です。

多くの弁護士事務所などで無料相談に応じてもらえますので、とにかく勇気をもって相談してみることです。

おまとめローンまとめ

2017年2月現在では銀行は貸金業法に適用していませんので、貸金業法が適用されている消費者金融や信販系に比べておまとめローンの審査は厳しくありません。

しかし、自主規制にはなりますが全国銀行協会が3月から審査の厳格化に打ち出そうとしているので今後審査通過は厳しくなっていく事は明らかです。

なのでまとめたい・借り換えたいという人は早めに行動したほうがいいかもしれません。

ということで上記のおまとめローンに関する知識を頭にいれ、おまとめローンに対応している金融を下記から探し、ローンのタイプや金利を今すぐチェックしてみましょう。

全国の銀行カードローン・消費者金融の比較

オリックス銀行カードローンの審査や増額、口コミ/評判、返済に関する事を徹底調査

おまとめ・借り換えローン ネット/信託/流通銀行カードローン

オリックス銀行の保証会社はオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社です。提携ATMは2016年5月時点で全国に95,000台以上もあり借入も返済も手数料が終日無料で利用できるので使い勝手の非常にいい・・・

【中央リテールの口コミや評判】審査や電話、金利などローンに関する情報を徹底調査

おまとめ・借り換えローン

中央リテールはおまとめローン専用のカードローンです。中央リテールは総量規制対象外なので年収3分の1以上、他で借入残高があった場合でも利用できるので借金を1つにまとめたい人にオススメのカードローンです。しかし、一度東京渋谷・・・

じぶん銀行カードローンの審査や増額/返済方法、口コミや金利など徹底調査

おまとめ・借り換えローン ネット/信託/流通銀行カードローン

AUとMUFG(三菱東京UFJ銀行)が合同で提供しているカードローン。AUユーザーであれば金利面で優遇してくれますが審査で優遇される事はありません。審査時間は最短当日と公式サイトに記載していますが申込した人のステータスや・・・

カードローン特集

約180社の銀行や消費者金融カードローンを比較

土日OK・来店不要の即日融資カードローンランキング

専業主婦でも借入可能なカードローンランキング

カードローン絞込検索

借入金額
審査・融資時間
金融機関
借入方法※未選択でも可
返済方法※未選択でも可
絞込条件※未選択でも可

ページの先頭へ