総量規制って何?

滝澤

総量規制とは、ざっくりいうと年収の3分の1以上借りることができない法律の1つです。

これは働いている人(フリーター・アルバイト・パート主婦・正社員)の給与や役員の報酬、年金受給、不動産の賃金収入、事業収入が含まれます。

いつからいつまでの収入が総量規制の対象?

総量規制の対象は今現在もらっている収入の年間単位での総収入です。
たとえば、働いている人の給与であれば今働いているところでの1年間でもらえている収入あるいはもらえる予定の収入です。
なので、前職の給与やボーナスは含まれませんので注意してください。

総量規制の収入は手取り分?

総量規制の収入は手取り分ではなく、ボーナスや保険等すべて含まれた控除前の年間総支給額です。
源泉徴収票であれば、総支給額の項目に書いてある金額がそれに該当します。

総量規制をオーバーするとどうなるの?

総量規制を超える借入をすることはできませんので、超えた場合は消費者金融や信販会社(クレジットカード)でキャッシングすることはできなくなります。
また、新規の契約をしようとしても、審査に通すことができません(闇金は別)

嘘をついたらどうなるの?

消費者金融で契約をする際、基本的には50万円以上の借入を希望するか他社で100万円を超える場合のみ収入証明を提示することになりますが、
嘘をついた場合、100%バレてしまい収入証明を必ず提示するよう求められます。

なぜバレてしまうかというと、
実際に借りているデータは個人信用情報機関によって記録されており
申し込み・契約をする際に必ず個人信用情報機関でデータを参照するからです。

なので嘘をついてもバレてしまいますし、
その嘘をついた情報がその金融機関に知られてしまい今後の信用問題にも影響してきますから
嘘をついたりしないようにしましょう。

専業主婦は総量規制の対象外?対象?

専業主婦の場合、総量規制が定められている消費者金融や信販会社(クレジットカード)ではお金を借りることが出来ません。
貸金業法が改正される前であれば旦那を保証人として借りることもできるところも多々ありましたが、今はほとんどのところが不可となっています。

収入なしの専業主婦のカードローンについての詳細はこちら
収入無しの専業主婦でも借りれるオススメのカードローン

クレジットのショッピング枠は規制対象外?

クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となりますが、ショッピング枠は総量規制の対象外となるので、ショッピング枠しか使っていない人なのであれば特に気にすることはありません。
また、キャッシング枠を使っている人もいるかもしれませんが、金額的に収入の3分の1使っていないのであれば借り入れできる可能性はありますのであきらめずに申し込みしてもいいかと思います。

住宅ローンや車ローンは対象外?

住宅ローンや自動車ローンはいくら借りていたとしても総量規制の対象外となります。
ですから家をローンで買ったり、車でローンを買ったとしてもその金額は含まずにお金を借りることが可能ということです。

そのほか、家や土地の不動産の購入や家のリフォームやリノベーションなどのローンも除外されます。
また、土地の購入費や着工金・中間金の支払いなども除外されますので安心してもらってもいいでしょう。

なお、自動車ローンや株券や国債・社債券、不動産担保貸付のローン、高額医療費の借入も除外されますので覚えておきましょう。
※高額医療費制度は病院等の医療機関や薬局で支払った自己負担限度額を超過した場合に、国が支給する制度のことです。

総量規制対象外の例外について

  • 個人事業主の貸付
  • 配偶者の年収を含めた総収入の3分の1以下の貸付
  • 緊急の医療費の貸付
  • 緊急に必要と認められる費用を支払うための貸付
  • ローンのおまとめなど顧客に一方的有利となる借り換え

これらの場合、審査に通るか通らないかは別として
総量規制の対象外となります。

つまり90万円の年収だったとしても30万円以上借りることができるということです。

緩和ってどうなの?

自民党の安倍総理大臣が過去に発表した貸金業法の改正案では、貸付上限金利15.0%~20.0%を解除し過去にグレーゾーン金利といわれていた(29.2%)に戻すといわれていた内容のものですが、
結局のところグレーゾーン金利にしたところで、過払い請求等いろいろと問題があるためにこの改正案が可決されることはほぼないと思ってもらっていいかと思います。

銀行は総量規制の対象外

総量規制を気にしないでお金を借りるのであれば総量規制を全く気にする必要のない銀行カードローンでしょう。

しかし、デメリットとしてはメガバンクの場合、審査が厳しいといわれているので、メガバンクと金利やサービスが変わらない地方銀行に申し込みするのがもっともオススメです。

総量規制対象外で即日融資可能なカードローン

  • ジャパンネット銀行カードローン

    ジャパンネット銀行は知らない人も少ないネット銀行では大手になる銀行なので安心に利用する事ができます。安心できるサービスとして「はじめての借入なら30日間無利息」で借りれるので30日以内に返済できなかったとしてもその間は利息が発生しない分、返済金額が減りますからはじめての人であればお得に借入が可能です。銀行口座を持っていない場合は即日融資ができませんが、口座が無くても、口座を同時に開設する事でカードローンが利用できるので専業主婦の方に人気を集めています。

  • デメリット

    • ジャパンネット口座が無いと即日融資できない
    • 上限金利が18%と高め

    メリット

    • 来店する必要がないのでこっそりお金が借りられる
    • 24時間いつでも申込できるので空いた時間に申込が可能
    • はじめての人に限り30日間無利息で借入が可能
    • ジャパンネット銀行の口座を持っていなくても利用可能
    • 追加の返済も可能

    実質年率 2.50% ~ 18.00%
    融資限度額 10万円~1,000万円
    審査時間 最短即日可能
    土日祝日対応 不可
    保証人・担保 不要
    在籍確認 電話確認
    申込資格 20~70歳未満
    来店有無 不要
    月々の返済 3,000円~



カードローン絞込検索

借入金額
審査・融資時間
金融機関
借入方法※未選択でも可
返済方法※未選択でも可
絞込条件※未選択でも可

コメントを残す