bank

携帯料金を支払うお金が無いので初めてお金を借りようと思っているんですけど銀行か消費者金融どっちを選べばいいのか悩んでます。っというのも消費者金融って昔家まできて取立していたイメージがあるし、印象があまりよくないので銀行カードローンを利用しようと思っているんです。でも消費者金融にもお得なサービスがあったり融資までの時間が早いってきくしどっちにしたらいいのか分からなくて、、。具体的に消費者金融と銀行のカードローンの違いってなんですか?
貸金業法が改正されるまでの行いにより、消費者金融のイメージが悪く未だに払拭出来ずにいますが、貸金業法が改正されてから消費者金融は良くなりました。TVCMや電車の中吊り広告や看板などてみる大手の消費者金融は銀行と比べても見劣りしないレベルです。大手銀行や地方銀行の方が金利だけをみると低い所も多いのでまだ銀行の方が魅力に感じる人もいますが1万〜20万位の融資額であれば金利が変わってもそこまで返済額に変わりがないのでそこまで気にする所ではないかと思います。
という事で今回は、消費者金融と銀行のメリットとデメリット。そしてどんな人に消費者金融が向いているのか?銀行カードローンに向いているのかを解説していきましょう

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンの特徴的なメリットは、総量規制の対象外なので年収に縛られない所。
どういう事かというと、貸金業法の改正により消費者金融の場合は年収の3分の1しか借りる事が出来ませんが銀行は総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借入が可能ですし、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも借りれる事が出来るんです。
また、消費者金融に比べて金利が低く50万以上の高額融資をするなら金利の低い銀行カードローンの方がいいメリットは高いでしょう。

銀行のメリットについて細かく解説します。

  • 総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上お金を借りれる場合がある
  • 無収入の専業主婦でも配偶者が安定した収入を持っているのであればお金が借りられる
  • 上限金利が消費者金融に比べて低い
  • 住宅ローンの利用で金利が下がる場合もある
  • 年金受給口座または給与振込口座として利用していれば金利が下がる場合もある

総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上お金を借りれる場合がある

信販会社(クレジットカード)や消費者金融ではお金を借りる際に年収の3分の1以上は借りる事が出来ないよう貸金業法の改正がありました。
ですが、銀行はこの貸金業法の対象外となりますので年収の3分の1以上でもお金を借りる事ができます。

たとえば、年収が300万円であったとしても銀行カードローンであれば100万円を超えるお金を借りる事が出来るという事です。

また消費者金融の場合50万円を超える融資の場合は収入証明の提示が一般的ですが、銀行の場合は100万・200万を超えなければ提示しなくても問題なかったり、普段から借入先の口座をメインバンクとして使っている場合、その口座利用の履歴を閲覧すればいい訳ですから、収入証明不要で利用出来る銀行もありますので、高額融資をするなら銀行の方がメリットは高いです。

無収入でも配偶者が安定した収入を持っているのであればお金が借りられる

カードローンは無担保ローンとも言われていて、基本的には担保がない訳ですから無収入の人にはお金を貸すことができない仕組みです。
なので総量規制という法がありその法を守らなければいけない消費者金融やクレジットカードを扱う信販会社は無収入の専業主婦がお金を借りたいからと審査を受けても、審査自体してもらえずお金を借りる事が出来ません。

ですが、銀行の場合はこの総量規制という法の適用外となりますので専業主婦でもお金を借りる事が出来るんです。

条件はというと配偶者がアルバイトであれ派遣社員であれ継続して収入を得ていればお金を借りる事が出来ます。
しかし、銀行の提示している借入限度額まで借りる事はほぼ不可能で少ない所では5万〜10万、多くても50万円位が一般的なので注意が必要です。

上限金利が低い

最低金利に関しては(例:5%~18%であれば5%が最低金利で18%が上限金利)消費者金融やクレジットカードと比較しても大差ありませんが、上限金利に関しては銀行であれば一般的に7%~15%位で消費者金融の場合は17%~18%位なので大分返済額が変わってきます。

たとえば、50万円を借りたとして月々30,000の返済をしていった場合利息含めた返済額は18%であれば579,706円ですが15%であれば564,194円と15,512円も違いが出てくるので金利の低い銀行で借りた方がお得の場合があります。

住宅ローンの利用で金利ダウンが下がる場合もある

銀行のカードローンには住宅ローンの他にも 給与振込や定期預金積立、公共料金の支払い、クレジットカードの支払いなどを借り入れしようと思っている銀行で利用していた場合、金利ダウンするサービスを行っている銀行があります。

その中でも、住宅ローン利用者に対しては他では絶対にその金利で借りられないような低金利で融資してくれるサービスがありますから、住宅ローンを利用している人は他のカードローンを調べるよりもまずは住宅ローンを利用している銀行をチェックしてみるといいでしょう。

銀行カードローンのデメリット

  • 審査が厳しく通りにくい
  • 来店必須の銀行が多いので手間がかかる
  • 即日融資や土日対応をしている銀行が無い
  • 結局消費者金融で借りても同じ?
  • 借金地獄に陥る可能性がある

審査が厳しく通りにくい

銀行のカードローン審査は、消費者金融とくらべて年収、居住や勤続に関する情報、他借り入れ状況等を注意深く審査しています。

また、銀行内での審査と保証会社の審査とで2重の審査を行っておりますので、保証会社がOKでも銀行側がNGであれば審査は通りませんし、逆のパターンも然りなので消費者金融の審査と比較すると厳しいのが現状です。

金融機関のカードローン審査通過の難易度表まとめ

来店必須の銀行が多いので手間がかかる

主に地方銀行や信用金庫の話になりますが、webやfax・電話では仮審査のみで本契約は来店必須な所が多いです。
なので、お金を借りれる状況になるまで時間と手間がかかります。

他にも利用する為に口座を開設しなければいけなかったり、返済用口座の認印を持って行かないといけないので時間があまり作れない人だと審査を通す事すら難しいでしょう。

即日融資や土日対応をしている銀行が無い

ご存知の通り、銀行は土日祝日は営業しておりませんので、銀行で土日や祝日対応している所は厳密的にいうと0です。
また、銀行は消費者金融のようにお金を貸す事だけが仕事じゃない訳ですし、無担保ローンの専門担当が多くありませんので審査に時間がかかる事が殆どです。場合によっては借り入れ可能になるまで1週間以上かかる場合もあります。
即日融資可能と公式サイトにあったとしても、上記のような問題がありますからゆとりを持っておいたほうがいいかもしれません。

結局消費者金融で借りても同じ?

銀行カードローンは保証会社として消費者金融や信販系の会社と必ず提携しています。
大手銀行だと

銀行 保証会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
りそな銀行 オリックス・クレジット/りそなカード
ジャパンネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス
楽天銀行 セディナ/楽天カード
じぶん銀行 アコム
セブン銀行 アコム
イオン銀行 イオンクレジットサービス
住信SBIネット銀行 イコール・クレジット/オリックス・クレジット/ジェーシービー

地方銀行も殆ど保証会社として消費者金融と信販系が保証しております。
ですから審査にも保証会社として関わっていますし、返済が滞った場合は保証会社が対応しますから
サービス面を除くと【借りている所がどこか?】という事以外、
銀行で借りていても消費者金融で借りていても変わりないのが現状です。

ちなみに、延滞が滞ってしまい保証会社が対応する場合は
銀行に利子を含めた全額を保証会社が返済し、
その返済した額を保証会社が一括返済を請求しますから返済が遅れると消費者金融に借りるよりも大変なので注意しましょう。

借金地獄に陥る可能性がある

銀行カードローンは上記でも述べている通り、総量規制の対象外となりますので年収を考慮せずにお金を借りる事が出来ます。
消費者金融であれば自分の返済能力を超える借入が出来ないように法律が勝手に制御してくれますが、
銀行では信用度が増すにつれて、借入残高が増えていき次第には収入の3分の1を超える借入も可能になる場合があります。
そうなれば、気づかないうちに返済金額が増えていってしまい、借金地獄に陥り任意整理、特定調停、個人再生、最悪自己破産になってしまう可能性もあるでしょう。

ですから、銀行カードローンを選ぶ際には自分の返済能力に見合った借入をしていくようしっかり計画を立てて利用するようにしましょう。

atm

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットは、申込してから審査完了融資可能になるまでが銀行に比べて早い事と、在籍確認方法を電話以外で対応してくれたりローンカードの郵送時間を調整させてくれたりと柔軟な対応を行ってくれる事、カードローン専用のマイページがある所が多く、返済シミュレーションや、今どれくらい返済額があるのかすぐに把握する事が出来たり即日振込み可能など利用するにあたって利便性が高い事などお金を借りたい人にとっての目線でメリットが多いのが消費者金融です。

それでは消費者金融のメリットについて細かく解説します。

  • お金を融資出来るまでの時間がとにかく早い
  • 審査時、臨機応変に対応してくれる
  • カードローン専用の管理マイページが使いやすい
  • 来店や口座開設などの手間が無い

お金を融資出来るまでの時間がとにかく早い

消費者金融は今までの顧客データ(申込した人のみのデータ含む)を元に申込した人のステータスや返済能力を算出しているので銀行に比べて審査が早いです。
特に下記の大手消費者金融は審査の早さに定評があります。

消費者金融 審査時間 借入可能になるまで
アコム 最短30分 最短60分
プロミス 最短30分 最短60分
モビット 最短30分 最短即日

※申込日時によって、審査や融資が翌日になる場合があります

審査時、臨機応変に対応してくれる

消費者金融の審査はそれぞれまた異なりますが、割りと柔軟に対応してくれます。
たとえば在籍確認の際に電話確認が嫌だった場合は社会保険証の提示で問題なかったり、電話での在籍確認時に個人名または会社名を指示した通りに名乗ってくれたり、ローンカードや契約書の郵送をこちらの都合のいい時間に指定してくれたり、平日の午前中等に申込すればその日のうちにこちらが指定した口座に振り込んでくれたりと利用者目線での対応を行ってくれます。

カードローン専用の管理マイページが使いやすい

大手銀行などにもカードローン専用の管理マイページがありますが、消費者金融の管理マイページは銀行に比べて非常に使いやすいです。
たとえば今すぐお金が欲しい!っとなった場合はそのマイページ上から申請を行えば(24時間振込OKの金融もあり)数秒で指定した口座へ振り込んでくれますし、今返済額がいくらなのか、あとどれ位で返済が完了するのか、返済シミュレーション機能があったり、返済日間近になったらアラートしてくれたりと利用者目線のコンテンツが沢山あるので、お金の借り入れや返済がしやすくなります。

来店や口座開設などの手間が無い

地方銀行や信用金庫の場合は基本、来店が必要です。また、中には銀行の口座を開設する必要がありますので手間がかかります。
カードローンの審査と同時進行で行ってくれる銀行もありますが消費者金融の場合はこれらのように手間がかかるような事がありませんので気軽に申込・利用する事が出来るので時間の無い人や面倒くさがりの人であれば消費者金融はオススメです。

消費者金融のデメリット

  • イメージが悪い
  • 上限金利が高い
  • ついつい借りすぎてしまう

イメージが悪い

上記でもお伝えした通り、消費者金融は貸金業法が改正される前までグレーゾーン金利)といって、俗にいう過払い金を含めていたり家に直接行って取立に行ったりと昔が酷く払拭できていない為に、今でもイメージが悪いと思っている人が多くいるようです。

上限金利が高い

銀行は保証会社を必ず用意しているので貸したお金が返ってこなかったとしても保証会社が全額返済してくれるので金利を下げるリスクはそこまで高くありません。
しかし、消費者金融の場合は保証会社をたてることができませんので何かあった場合は自社で解決しなければなりません。

もしカードローン利用者が貸し倒れになってしまった場合は訴訟等を起こして強制的に返済を求めたり、逆に弁護士を雇われて任意整理等を起こされる場合もありますから、金利が低いと赤字経営になってしまいます。
なのでこのようなリスクを最小限に抑える為に上限金利が高くなっています。

ついつい借りすぎてしまう

大手消費者金融は銀行に比べて審査が厳しくなく、2社~3社利用する事も出来ますからついつい借りすぎてしまい借金が増えていってしまうといった恐れがあります。

atm2

銀行と消費者金融の比較表

今までの話を要約したものを表にまとめると、
このようになります。

項目 銀行 消費者金融
即日審査
土日・祝日対応 ×
審査難易度
金利
審査の手間 ×
高額融資



銀行に向いている人、消費者金融に向いている人

こんな人は消費者金融で借りる方がオススメ

  • 公共料金や家賃など今すぐにお金が必要な場合
  • 家族や両親などにバレずに利用したい
  • 借り入れや返済の使い勝手がいい方にしたい

こんな人は銀行で借りる方がオススメ

  • 高額融資を希望している人
  • 低金利でお金を借りたい人
  • 住宅ローン利用者