check

今月公共料金や携帯料金すら支払いできない位、余裕がありません。カードローンの支払いも毎月決まった額を返済しているんですがどうにも支払いが出来なさそうなんですを支払いの期日中に支払いしなければならないのはわかっているんですけども、いつまで支払いって待ってもらえるものなのでしょうか?
カードローンの返済が遅れてしまうと、信用情報機関にその情報が記載され長く滞ってしまうと住宅ローンや車のローンが利用出来なくなったり、クレジットカードの契約なども出来なくなってしまうので、今後は返済が遅れないようにお金の管理をしっかりしましょう。で、支払い日は各金融によって異なりますが、殆どの金融機関は支払い日が決まっていますからそれまでに返済する必要があります。しかしどうしても支払いができない場合でも事情を説明しいつまでに支払えるのか約束出来れば大体の金融機関は待ってくれるでしょう。今回は返済期日についてや、返済が遅れてしまった時の対応方法について解説していきましょう。

支払い日までに返済ができない場合は金融機関にまず連絡

支払い期日までに決まっている返済額を返済できない場合や1円すら返済する事が出来ない場合、判明した時点で借りている消費者金融または銀行へ返済が遅れてしまう旨を連絡しましょう。
もし1回や2回返済が遅れたからといっていきなり注意されたり怒られるなんてことはありません。

何よりも返済もしない、連絡もしないなんて事よりかはマシです。もし返済もしなければ電話にも出ないなんて事が続けば訴訟を起こされる可能性もありますから絶対にそんな事がないようにしましょう。
返済が遅れると、連絡するのも気が引けるかと思いますが、連絡しておいたほうが後々楽になるのでなんとか頑張りましょう!

基本的な延滞支払いの限界は期日より61日以降

期日までに返済出来なかったとしても、消費者金融や銀行が待ってくれる期間があります。

1回でも支払いが延滞したら即ブラックリスト入りのかというとそんな事はありません。

しかし、あなたが延滞したという事実はデータとして残ってしまう場合がございます。最近の金融機関は貸金業法が改正される前に比べると延滞に対して厳しさが減りましたから、1日2日遅れたとしても支払いを忘れているのだろう、支払い日よりも1、2日遅く給料が支給されるものだと配慮してくれます。

ですが、延滞した日数が61日を超えてしまうとどの金融機関であっても事故情報が信用情報機関に残ってしまいます。

自分の信用情報を開示する方法【審査落ち理由・ブラック扱い】

事故情報がのるどうなるのか?

支払い期日を61日も延滞してしまった場合、今利用しているカードローンの融資額が減少あるいは、一時的に利用に制限がかかってしまう場合があります。

最悪カードローンが停止されてしまい二度とお金を借りる事が出来なくなってしまう可能性もありえます。

また、そうなってしまった場合は金融機関で信用情報機関にデータを共有する形で残ってしまうので他の金融機関でカードローンの申込審査をしても通る事が出来なくなってしまいお金を借りる事が出来なくなってしまう可能性がでてきてしまいます。

という事で、61日以上延滞してしまうような状況を今後作らない為にも、上手にお金を返済する為に重要な3つの心得を覚えておきましょう。

約定返済型と随時返済型について

まず簡単な話からしていきましょう。消費者金融や銀行などの金融機関には約定返済型と随時返済型という形があります。

約定返済型

金融機関でもっとも多いのがこの約定返済です。約定返済とは、月々金融機関が決めた指定日に一定額の支払いをしていく事を指します。なぜこの約定返済型が多いのかというと、借入した人借金した人がお金を返す日を決めなかった場合に返済を怠り、経営が困難になってしまうからなんです。

随時返済型

随時と言われたり任意とも言われているのが随時返済型です。この随時返済型というのは債務者がいつ支払うのか任意で決めて実行する事を指します。滅多にこの方式を主軸としている所はありません。しかし、随時返済型は大体どこの金融機関でも行なう事ができます。それが繰り上げ返済です。

※繰り上げ返済とは簡単に言うと約定返済型で定めたお金にプラスしてお金を返済する事を言います

この繰り上げ返済はカードローンの利用において重要な方式ですので下記で詳しく解説していきます。

均等払いの元金・元利の違いについて

続いては、元利と元金の均等払いについてお話していきます。
ここで元金と元利の話をしていきますが、どちらも同じ額で且つ同じ期間だった場合を想定してお話しておりますのでまずそれを意識してから進むようお願い致します。

元金均等払い

元金の方はその名の通り元金を一定として返済する為、結果として元利よりも支払う利息額が少なく抑えられます。
しかし総額の利息が少ない分、借りたばかりの数ヶ月は返済額が多くなり、生活が厳しくなるデメリットがあります。また、返済額が多い為に支払いができずに延滞してしまい遅延延滞金が発生して余計支払うはめになったという人も少なくありません。
とはいえ、徐々に利息が減っていきますから中盤以降は元金の返済だけでよくなってきますので楽になってくる方法です。

元利均等払い

元利はというと、月々の支払いが利息と元金含めたうえで一定の金額を支払う事をいいます。なので、元金均等払いとは違って借りた当初の返済額が多くなるといった事はありません。
しかし、元利均等払いはゆっくりと利息を返済していく為に、合計の利息額は多くなってしまいます。
ここまで聞いていると「元金均等払いの方が利息も減るからお得だ」と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はありません。上記でも述べている通り、返済額が同じ額で同じ期間だった場合の話ですから、もし半年で元利均等払いをしていくのと一年半使って元金均等払いをするのであれば元利均等払いの方が結果的に利息の支払いが安くて済む場合があります。

要するに、早く返済出来るのであれば「元利均等払い」が向いていて、出来るだけ合計の返済額を減らしたいのであれば「元金均等払い」が向いているという事になります。
なのでどちらがいいのかは、自分の返済能力が決め手となってきます。

元利均等返済と元金均等返済の違いについて

リボルビングについて

ここから重要な話をしていきたいと思います。
消費者金融も銀行も基本的に支払い方法は「リボルビング払い」です。
リボルビング払いは返済する元金に応じて利息がかかっていくものです。どういう事かというと10万円借りたとすれば初月は10万円の利息がかかりますが、9万円8万円と借入残高が減っていけばそれだけ支払う利息も減っていくという事です。
このリボルビング払いにも様々な方法がありますので紹介していきましょう。

定額リボルビング方式

この方式は毎月支払う必要のある最低金額(ミニマムペイメントともいいます)が一定額である支払い方法をいいます。
簡単にいうと、毎月の返済額を金額で指定する事です。

定率リボルビング方式

この定率は毎月支払う必要のある最低金額が利用額など一定率によって決まる方法をいいます。
簡単にいうと、毎月の返済額を利用残高の何%と割合で決める事です。

残高スライドリボルビング方式

ここまで様々な方式について説明してきましたが、今もっともカードローンの返済方式と使われているのがこの残高スライドリボルビング方式です。
たとえば借入残高が50万以上の場合は月々の最低金額が10,000、50万以下なら8,000円、30万円以下なら5,000円と今の借入残高によって返済するお金がスライドしていく(変わる)方式なんです。

で、この残高スライドリボルビング方式には2パターンあり「残高スライド元利低額リボルビング方式」と「残高スライド元金低額リボルビング方式」と上記でも説明している元利と元金がそれぞれ組み合わさった方式があります。

この元利なのか元金なのか、定額なのか定率なのかよく分からずに借入出来る限度額や金利だけで借りてしまうと、利息ばっかり返済していていつまで経っても借金が減らないあるいは借りて間もないのに返済金額が多くて生活が苦しくなってしまう・返済ができずに遅延延滞金を払わなければいけないといった事になってしまいますのでこれらを把握して自分に合った金融機関・返済方式を決めましょう。

瀧澤の返済についての3つの豆知識

返済方式は上記でも述べている通り、その人の返済能力によって異なりますがどんな方法でも大前提として絶対に意識してもらいたい事が3つあります。
それはこの3つです。

  1. 繰り上げ返済をして元金をどんどん減らしていこう
  2. 返済日よりも前倒しで返済するようにしよう
  3. 返済してからしばらくはキャッシング用のカードをどこかに閉まっておこう

繰り上げ返済をして元金をどんどん減らしていこう

元金均等払いだったとしても、返済はなかなか終わりません。なので余裕が出来たら約定返済で支払うだけではなく繰り上げ返済を使って借金をどんどん減らしてすばやく完済させましょう。

返済日よりも前倒しで返済するようにしよう

いつも返済日ギリギリまたは返済日を過ぎてからとなれば、消費者金融や銀行にいい目では見られません。もちろん自動引き落としなどであれば話は別ですが、返済日までお金を大事にとっていても何かしらの理由で無くなってしまい返済が出来なくなるといった場合もありますので返済日よりも早く返す事を心がけましょう。

返済してからしばらくはキャッシング用のカードをどこかに閉まっておこう

返済はATMやお店などで行なう人は特にですが、これらの方法で返済するとその足でお金をまた借りてしまうといった人が多いです。自分はそんな事無いと今は思うかもしれませんが状況によってはすぐに借りたくなる場合も必ずありますので、返したらすぐに使おうとせずどこかに閉まっておくようにしましょう。

それぞれ消費者金融や銀行カードローンの返済方式

最後に各消費者金融や銀行カードローンの方式となりますのでぜひ、借りる時の参考にしてください。

SMBCモビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
レイク 元利定額リボルビング方式or残高スライドリボルビング方式
プロミス 残高スライド元利定額返済方式
アコム 定率リボルビング方式
みずほ銀行 残高スライドリボルビング方式
三井住友銀行 残高スライドリボルビング方式
オリックス銀行 残高スライドリボルビング方式
横浜銀行 残高スライドリボルビング方式
長崎銀行 残高スライドリボルビング方式
北洋銀行 残高スライドリボルビング方式
りそな銀行 残高スライドリボルビング方式
三井住友銀行カードローン 残高スライドリボルビング方式
仙台銀行 残高スライドリボルビング方式
静岡中央銀行 残高スライドリボルビング方式
千葉銀行 元利均等返済方式
北海道銀行 残高スライドリボルビング方式
第三銀行 残高スライドリボルビング方式
大垣共立銀行 残高スライドリボルビング方式
中京銀行 残高スライドリボルビング方式
東京スター銀行 元金同額返済方式

上手に返済する為の3つの心得

  • 返済日よりも前倒しして返済を
  • 毎月決まった最小返済額で返済するのではなく繰上げ返済を積極的に
  • 返済後は更に借りないようATMや窓口に行ったり金融機関のアプリは開かない

一つずつ細かく解説していきます。

返済日よりも前倒しして返済を

カードローンの返済を毎月出来ない人に多いのが、期日ぎりぎりで返済する人です。
期日ぎりぎりで返済する人はココロの何処かに「何かあった時の為に残しておこう」と思っている人が多いです。
ですから、飲み会や遊びなどに誘われると返済の為に残しておいたのにも関わらず使ってしまう傾向にあります。

付き合いも大事ですが、そればかり優先していってはいつまで経っても完済なんて出来ません。
勿体ぶらずお金があるうちに期日日よりも前に前倒しでどんどん返済していきましょう。

繰上げ返済を積極的に

上手に返済していく上で特に重要なのが繰り上げ返済です。
カードローンは基本的にどこも約定返済型といって毎月一定の金額を返済します。

約定返済型という返済方法は小額な所が多くいつまで経っても完済出来ず無駄に利子を払う事になってしまいます。
つまり、金融機関が得するように出来ている訳です。

ですから、小額返済に甘えず繰り上げ返済を使ってどんどん借金を減らしていきましょう。
繰り上げ返済は、生活費を圧迫させたりしますが、うまく繰り上げ返済をする事で無駄に利子を支払う必要も無くなりますし、早く完済できます。

小額返済という誘惑に甘えたくなってしまう気持ちも分からなくありませんが1円でも利子を少なくする為に繰り上げ返済をどんどん使っていきましょう。

返済後にATMや窓口には行かないアプリは開かない

借金がいつまで経っても減らない人に多いのが、返済した後すぐにATMや窓口でカードローンを利用したりアプリで即日振込を利用してしまう人です。

いつでもどこでも簡単に利用出来るので使いたくなってしまう気持ちは分からなくありませんが、
カードローンに甘えていてはいつまで経っても借金を減らす事は出来ません。

借金癖を無くす為にもタバコや酒を辞める時と同様、一旦ATMや窓口に行かないようにしたりアプリを消してお金をすぐに借りたりしないようにしましょう。

まとめ

返済が61日以上遅れてしまうと事故情報が残ってしまいますし、少し遅れただけでも利子が増えてしまい無駄に返済する羽目になります。
お金を借りる状況にも関わらず返済額が1円でも増えてしまえば本末転倒です。
上記の心得をしっかり覚えておき絶対に延滞がないよううまくカードローンを利用するようにしましょう。