baby1
産休、育休で生まれてくる子供に専念できるのはいいけど、
家族が1人増える分、出費は増えますが今までもらっていた給料が無くなるので
今まで貯金等の余裕がない位、生活費等でお金を消費していた場合は

  • 節約をする
  • 貯金を崩す
  • 親の援助等を受ける

といった方法が考えられますが、
これらが何らかの理由で出来ない場合は
一時的にお金を借りるのが賢明です。

申込の多い人気の「カードローン比較」はこちら

というのも、
ベビーカーやベビーベッドは無かったとしてもどうにかなりますが、オムツやミルクは絶対に必要です。
オムツを何らかの方法で自作したり、ミルクを重湯でと考える人もいますが、手間を考えると得策ではありません
完全に母乳だけで育てるといった人であればミルクは必要無い!と思う人もいるかもしれませんが、お母さんの体質によって子供が満足する量や質のいい母乳が出ない場合もあります。

また、生まれてくる子供を支えるお母さんの食事を節約し、
栄養を偏らせてしまったりすると体調が悪くなったり母乳の質が悪くなったりして育児が満足に出来ない可能性が出てきてしまいます。

子供をきちんと育てる為にとった育児休暇なのにも関わらず
状況が悪化してしまったら元も子もないですよね。

お金は職場に復帰すればなんとかなりますし、育児手当や出産手当金である程度補助はしてもらえますが育児はやり直す事は出来ません
節約していくというスタンスよりもお金を一時的に借りる方法を検討したほうがいいでしょう。

育児休暇中は「無職扱い」

育児休暇中は、ほとんどの会社で給料が支払われる事がありません。
会社員や公務員で働いている人の場合は健康保険組合や共済組合から「出産手当金」という標準報酬日額の3分の2のお金が支給されます。
しかし、これはあくまでも手当として貰っているお金となりますのでもし銀行でお金を借りようとしても、収入0の無職者として扱われてしまいます。

育児休暇が終われば元に戻るし収入0じゃない!と思うかもしれませんが、
お金を貸す側としては「きちんと返済できる安定した収入のある人」に貸したいので、
保育園が見つからず会社に戻れないかもしれないし、保育園に入れたとしても体調を崩したり何か問題があって早く帰らなくてはいけなくなり収入が安定しなかったりするので
配偶者の名義を使えば問題ありませんが、育児休暇をとっているお母さんの名義だと銀行等でお金を借りる事が難しくなってしまいます。

しかし、無職扱いになったとしてもお金を借りる方法はあります。

育児休暇中にお金を借りる方法

育児中にお金を借りる方法は2つです。

  1. 配偶者の名義でお金を借りる
  2. 専業主婦でも可能な金融機関で借りる

配偶者の名義でお金を借りる

配偶者が安定した収入のある方であれば、収入が無いとお金を借りる事が出来ない消費者金融でもお金が借りれるので
無利息でお金を借りる事が出来たり、即日融資可能なカードローンでお金を借りる事が出来ます。

短期間でお金が返せる場合や、すぐにお金が欲しいなら配偶者に相談して申込するようにしましょう。

専業主婦でも可能な金融機関で借りる

銀行の場合は、総量規制対象外となるので専業主婦でもお金を借りる事が出来ます。
つまり、無職扱いの育児休暇中の人でも借りれるという事です。

消費者金融と銀行カードローンの比較

また、銀行でお金を借りる場合は、郵送や電話があっても銀行からなので配偶者にバレずお金を借りる事が可能です。
育児の事でお金を借りるという話であれば内緒でという事はあまり無い話ではありますが、銀行であれば安心してお金を借りる事が出来ます。

ただ、専業主婦の人だったら
誰でもいくらでもお金が借りれるという訳ではありません。

銀行によって、専業主婦でも借りれない所はありますし、
借りれる金額が銀行によって異なりますので、いくら借りれるのか当サイトまたは各銀行のホームページ等でいくら借りれるのか把握し、
どれ位のお金を借りる必要があるのかを計算したうえで申込した方がいいでしょう。

10万円しか借りる必要がなかったのにも関わらず、30万円の融資を貰ってしまった場合、
使い方によっては借金が予定した額よりも多くなってしまう可能性だってありますから予め計算しておく事は非常に重要です。

毎月の育児コスト

baby2
生まれてから、育児休暇が終わる頃(1歳前後)までにかかる費用

必要品 費用
粉ミルク 月2,000円~7,000円
おむつ代 月4,000円~6,000円
おもちゃ・教育代 月1,000円~3,000円
保険・医療費 月3,000円~5,000円
ベビー用品・洋服代 1クール1,000円~
子供の為の預金や保険代 月8,000円

上記の費用が1人あたり1歳になるまでに平均で100万円近くかかり、1歳~3歳までには300万円弱かかると言われています。
おもちゃや洋服はなんとかなるかもしれませんが、ミルク代やおむつ代、保険、ベビー用品等は避けて通れない費用です。

これらの費用データを参考にし、コストがどれ位かかるのかしっかり計算しておきましょう。

育児休暇中にお金がないなら節約も

childcare
今まで大人2人で暮らしていた時は、そこまで気にする必要は無かったかもしれませんが、子供が出来れば話は変わってきます。
共働きで収入は多くあるからといって余裕のない生活は絶対にNGです。

0歳~3歳位まで子供はよく病気や大きな怪我をしたりしますし、何かあった時などにすぐ対応が出来ない場合もあるので
外食を無くしたり、賃貸・公共料金等や携帯料金の見直し等をして余裕が出来るように節約をしっかりしましょう。

といっても子供に対してや、お母さんの食費は節約を極力しないようにしてください。
冒頭でもお伝えした通り、育児のやり直しは出来ませんから母乳が出なくなってしまったり、子供さんかお母さんの体調が悪くなってしまい
満足に育児をする事が出来なくなる可能性があるからです。

お金は後で育児手当等で補助がありますし、仕事復帰すればどうにかなる問題です。
なので、ここは一時的に銀行からお金を借りる等をして、満足できる育児生活を送れるようにしていきましょう。

育休・出産でオススメのカードローン

  • ジャパンネット銀行カードローン

    ジャパンネット銀行は知らない人も少ないネット銀行では大手になる銀行なので安心に利用する事ができます。安心できるサービスとして「はじめての借入なら30日間無利息」で借りれるので30日以内に返済できなかったとしてもその間は利息が発生しない分、返済金額が減りますからはじめての人であればお得に借入が可能です。銀行口座を持っていない場合は即日融資ができませんが、口座が無くても、口座を同時に開設する事でカードローンが利用できるので専業主婦の方に人気を集めています。

    • 来店する必要がないのでこっそりお金が借りられる
    • 24時間いつでも申込できるので空いた時間に申込が可能
    • はじめての人に限り30日間無利息で借入が可能
    • ジャパンネット銀行の口座を持っていなくても利用可能
    • 追加の返済も可能

    実質年率 2.50% ~ 18.00%
    融資限度額 10万円 ~ 1,000万円
    審査時間 最短60分(口座を持っていれば可能)
    土日祝日対応 不可
    保証人・担保 不要
    在籍確認 電話
    申込資格 20歳以上 ~ 70歳未満
    専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があれば可能
    来店有無 無し
    月々の返済 3,000円~



カードローン絞込検索

借入金額
審査・融資時間
金融機関
借入方法※未選択でも可
返済方法※未選択でも可
絞込条件※未選択でも可

カードローン特集

約180社の銀行や消費者金融カードローンを比較

土日OK・来店不要の即日融資カードローンランキング

専業主婦でも借入可能なカードローンランキング

コメントを残す