negative interest

今、とある事情でお金が必要なのでカードローンに申し込んで借入しようと思っています。どこのカードローンがいいか悩んでいたらTVで日銀がマイナス金利というものを課すると発表がありました。このマイナス金利って一体どういうものなのでしょうか?カードローンやキャッシングをすると損するものなのでしょうか?
2016年1月29日に日銀がマイナス金利を発表し、2016年の2月16日から導入されています。結果から言うとカードローンやキャッシングには影響が現状ないでしょう。しかし、マイナス金利を導入した事によって預けたお金が減ってしまったり、手数料が高くなったりとデメリットが生じます。もちろん景気回復の可能性が高まったり、住宅ローンや車ローンの金利ダウンなどのメリットも今後生じてくるかもしれません。今回はこのマイナス金利に関する基本的な事やどんな事に影響するのか、メリット・デメリットについて詳しく解説していきましょう。

マイナス金利って?

マイナス金利とは預けているお金の金利が従来であればプラスになるところ、マイナスになってしまうという事です。マイナスになるという事はつまり、お金を預けているのに預けたお金が減ってしまう訳です。2月16日からの導入では、民間金融機関がお金を日銀に預けた場合0.1%を支払う仕組みになっています。

今銀行に預けているお金もマイナス金利で減るの?



普通預金でお金を預けているのであれば、たとえばみずほ銀行や三井住友銀行などでお金を預けていたとしていてもマイナスになる事は現時点ではありません。もちろんセブン銀行やイオン銀行、楽天銀行などの銀行でも同様です。


しかし長期でお金を預ける定期預金型の場合はマイナス金利の影響を受ける可能性があるでしょう。すでにみずほ銀行とゆうちょ銀行では預金の金利を引き下げると公言しており、他の銀行も引き下げる事を視野に入れているでしょう。
今はオリックス銀行の定期預金などネット銀行の定期預金に関してはマイナス金利の影響を受けていませんが今後どうなるかはわかりません。

なぜマイナス金利なんてするの?

日本は長期間景気が悪い事もあってか沢山の高齢者が多額の預金や資産運用をしています。若い人も傾向としては消費をするというよりかは預金や投資をしている人が多いです。もちろん預金するお金も無いという人もいますが、お金を持っている人の母数が少なくても預けている金額は全体の中でも多く占めているので、お金が外に出ていないのが現状です。車や高級な時計、高級ブランドなどを買うよりも0.1%でもお金が増えるなら預金しようと思っているのが現代人の考えなのです。
なので、景気はいつまで経ってもよくなりませんから日銀は超低金利施策などの施策を行ってきました。ある程度施策を行った時に景気は傾いたりしましたが、結局元に戻ってしまったりで、景気を大きく変える事ができなかった為、景気をよくする為(お金を世に出す為)預金をしたら逆にデメリットになる為の施策としてマイナス金利を課した訳です。

海外ではマイナス金利をすでに導入している

ユーロ圏ではギリシャの危機があってから長くデフレ圧力が続いており、世界の景気不振の足かせとなっていたのでスイス、デンマーク、スウェーデンなどの 各中央銀行でマイナス金利を導入しました。もし、これらの国がマイナス金利を導入しなければ世界は更に景気は悪くなっていたかもしれません。とはいえ、今まで預金をし続けていこうと思っていた消費者に対してはイメージが悪くなる訳ですから多方面でみると好転したとも言い切れません。
また、日本でも今後銀行の現金引き落としや預け入れで手数料がかかってしまったり、今まで手数料がかかってきたところも増額されてしまい、なおさら景気が悪くなってしまう可能性も少なくないのでこの施策によって景気が絶対に上がると言えないので、不安は募るばかりです。

住宅ローンや自動車ローンにはメリットあり

マイナス金利を課した影響により、住宅ローンや自動車ローンはメリットがあります。マイナス金利を先に導入したデンマークでは毎月2,000円の利息(お金がもらえる)事例がありましたので、日本でも同様に住宅ローンを組めばお金がもらえる事もあるかもしれません。また、住宅ローンも自動車ローンもマイナス金利になる事で金利が下がる可能性があります。なので今後、持ち家やマンションを購入したい、マイカーが欲しいと思っている人は情報を追っていくといいでしょう。
2016年3月以降、住宅ローンではすでにマイナス金利の影響が出ており、三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行等で乗り換えによる金利ダウンがあり住宅ローン利用者はすでに乗り換えローンに動いているようです。今後この勢いは加速し地方銀行等にも影響が出てくるでしょう。

カードローンやキャッシングには影響なし

マイナス金利導入で、カードローンやキャッシングに悪い影響(金利アップ、支払金額の増額等)があるのでは?と問い合わせがあったりしますが、上記の住宅ローンや自動車ローンに関しては金利ダウン等の影響があるかもしれませんが、カードローンやキャッシングにはマイナス金利によっていい影響もなければ悪い影響もありません。

可能性があるとすれば銀行でお金を借りたり返済する際に手数料が多くかかってしまったり無料だったのにも関わらず有料化するかもしれないのと、
マイナス金利により地方銀行は運営が難しくなるのでカードローンの審査がより厳しくなったり、地方銀行同士による合併で今までのサービスとは大きく変わるかもしれない事です。

しかし、カードローンをこれから借りようと思っている人のほとんどの人にとっては影響はありませんので、気にせず利用して問題ないと言えるでしょう。

カードローンの申込から融資までの流れ

当サイト1番人気のカードローン

  • アコム

    フィナンシャルプランナー:滝澤

    当サイトでもっとも申込の多い金融はアコムです。アコムははじめての利用に限り、最大30日間利息0でお金を借りる事が出来る事と、昔から即日融資サービスに力を入れてきた事もあって振込融資までのスピードは早めで最短1時間ほどで受け取り可能で、初回のみ三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行であれば平日18時まで、楽天銀行であれば土日や祝日構わず24時間いつでも契約と融資依頼を行えばその日に銀行振込融資を受ける事が可能な所が人気の理由のようです。

    人気理由

    • 30日間無利息でお金が借りられる
    • 最短1時間で融資可能
    • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行であれば平日18時迄の申込完了と振込依頼で当日可能
    • 楽天銀行の口座があれば24時間365日即日融資可能
    • むじんくんの営業時間内(8時~22時)までなら即日キャッシング可能
    • 20歳以上で安定した収入があれば学生やパート、アルバイトでもOK

    実質年率 3.0%~18.0%
    融資限度額 1万円~800万円
    審査時間 最短1時間
    土日祝日対応 可能
    保証人・担保 不要
    在籍確認 電話確認
    申込資格 20~69歳
    来店有無 不要
    月々の返済 1,000円~

    アコム審査手順

    1. 1.スマホやPCで申込
    2. 2.名前や自宅、勤務先情報の入力
    3. 3.メールまたは電話で申込の内容確認
    4. 4.免許証など本人確認書類の提出
    5. 5.借入可能(最短1時間)